有馬総一郎のブログ

(彼氏の事情)

サーバーレスでメール送受信が可能となるAmazon Simple Email Service(SES)を使う Part 1

AWSなら、「なんでもできる、なんでもなれる、輝く未来を抱きしめて!」

ブログぐらいなら、サーバーレスでできるけど、メールはどうなんだろうと調べると今やサーバーレスでメールを送れる。

参考:WordPress+AWSならSESでメールサーバーを持たない運用 | 高橋文樹.comということを知る。

Amazon Simple Email Service(SES)サービスに遷移

1. 先ずドメインの検証をする。

メニュー Domains-> Verify a New Domainボタン押下。そして、取得しているドメインを入力。Generate DKIM Settingsもチェック。 Verify This Domainボタン押下。 Use Route 53ボタン押下。

送信だけでなく、受信メールアドレスとしても使用するので Email Receiving Recordにチェックをする。MXレコードが存在していると書き換えられちゃいますよ、みたいな警告が出るけど、そのまま Create Record Sets

この時点では Statuspending verificationとなっている。

Route 53サービスに行き、登録したドメインを確認すると、 MX,TXT,CNAMEのレコードが追加されている。


ドメイン検証Route 53追加前


ドメイン検証Route 53追加後

メインを購入したサイト(レジストラ)で、同様に MX,TXT,CNAMEのレコードを追加する。

私のケースだとムームードメインなのだけど、ムームーDNSのセットアップしないと MX,TXT,CNAMEのレコードを追加できなさそうに思えた。しかし、 ムームーDNS -> 変更からカスタム設定のセットアップ情報変更に遷移すれば、追加できる。

そして、設定2の下にあたりにレコードを追加するための入力欄があるので、 MX,TXT,CNAMEのレコードを登録していく。

サブドメイン 種別 内容 優先度
TXT [Route 53での値]
MX [Route 53での値] 10
[固有の文字列] CNAME1 ホスト名(例:ariamsou16.com)

Linux

dig ドメイン mx

arimasou16@ubuntu:~$ dig arimasou16.com mx

Windows

nslookup -q=mx arimasou16.com

でMXレコードの登録を確認する。

暫くすると、 Statusverifiedになる。

2. メールアドレスの検証をする。

次に、メニュー Email Addresses-> Verify a New Email Addressボタン押下。取得ドメインのメールアドレスを入力したい気持ちを抑えて、既に使っている有効なメールアドレスを入力して、 Verify This Email Addressボタン押下。確認メールを送ったメッセージが出る。

確認メールの内容に貼られたリンクをクリックして、検証を成功させる。

こちらも、 Statusverifiedになる。すると、このメールアドレスにはメールを送信できることになる。SESでは、デフォルトではあちこちに無尽蔵にメールが送れないように、送信先のメールアドレスは検証が必要となっている。

長くなったので、次回に続く


  1. うーん、これで合っているのか、正直、よく分からん…

Comments