有馬総一郎のブログ

(彼氏の事情)

2020年07月10日 23:42:20 JST - 2 minute read - Comments - Gadgets

ChromebookではDNSをIPv6で指定できるんだな

自宅にあるサーバーにLANからもドメイン名でアクセスしたくてDNSをLANにある自宅サーバー1を指定しているのだけど、Chromebook、最初のログイン時だけ上手くいって、二回目からできなくなる。他にもスマホアプリからは名前解決できて、Chromeではできないとか意味不明な挙動を…

カスタムネームサーバー

原因は2つあったのだけど、一つはIPv6が有効になっているのに、カスタマイズネームサーバーの指定ではIPv4での書き方しかしてなかったからのようだ。自分が所持しているPixel 3aとかでは、今だにWi-FiでのDNS指定はIPv4でしか指定できないので、Chromebookでもできないものだと早合点していた。

また拡張機能で Virtual Hosts がある。これを一時期、繋がらないときにあれやこれやと試す内にインストールして、有効にしてしまっていた。

それでか、IPv6でDNS指定して、繋ぎたいLAN内の再接続すると一瞬繋って、 ERR_CONNECTION_REFUSED となってしまう。Virtual Hostsはあくまで疑似なので、IPv4アドレス指定で接続させたのと同じ結果となってしまうのだけど、DNSが汚染されたのだろうか…

chrome://net-internals/#dns でクリアしても駄目。Wi-Fi設定を削除して、再作成しても駄目。なので、Chromebookをリセットした。

おかげさまで今は問題なく使えている。


  1. 実はDNSサーバーもアプリサーバーも同じ。DNSとして自分を管理させて、ドメイン宛先を自分に向けさせてる ↩︎

Tags: Chromebook

ChromebookとSmart Lockしたいときはペアリング必要なし ChromebookでSambaサーバーをマウントするのは標準機能で可能

comments powered by Disqus