有馬総一郎のブログ

(彼氏の事情)

Thunderbirdの見た目をモダンにする

身売りがどうこう言われてるThunderbird。もはや、メールクライアントをインストールする人も少数派な昨今だけど、Thunderbirdのを見た目をFirefoxのテーマみたいに変更できることを知った。

That Slick Thunderbird Mockup? It’s Now a Real Theme (Updated) - OMG! Ubuntu!
まあ、例によって、上記サイトまんまなんだけど。

https://github.com/spymastermatt/thunderbird-monterail/archive/master.zip

上記urlから thunderbird-monterail-master.zipをダウンロードしてきて、

  • Linux

    ~/.thunderbird/[random letters and numbers].default/

  • Windows

    %APPDATA%\Roaming\Thunderbird\Profiles[random letters and numbers].default\

上記フォルダ配下にchromeというフォルダを作成して、zipファイルを展開する。それで準備完了。テーマは5種類。

arimasou16@Lemur:~/.thunderbird/1abc2de3.default/chrome$ ls 
README.md  fonts  icons  screenshots  themes  tweaks  userChrome.css

追記: 2017-05-21
usreChrome.css@import "tweaks/square-tabs.css";を書き変えてたせいで画像がデフォルトとは違っていたので画像張り変えた。
追記ここまで


System(アイコンcssの設定などによる)


Light


Dark


Full Dark


Monterail

userChrome.css のテーマのスタイルシートを読み込む箇所

@import "themes/fulldark.css";

を変更すれば、テーマが変更される。

Ubuntuだと良い感じに変更されるのだけど、Windowsだとフォントなどがとても残念な感じ…


追記: 2017-05-21
usreChrome.cssdefault-font: var(--system-font);とすればfontの問題点は解消できる。
追記ここまで


Windows - Light

重い重いと言われるThunderbirdではあるけれど、アカウント設定 -> 同期とディスク領域最近[期間]分のメッセージをローカルに同期するを選択すれば、ヘッダーだけローカルに落としてきて、見たいメールメッセージだけダウンロードするようになる。こうした使い方ならサクっと使えるようになるので、良いと思うけどね…


同期とディスク領域


追記: 2017-05-21
Windowsだと?chromeフォルダ削除しても、元に戻らない(こともある?)。その場合、ツール > 最近の履歴を消去して、再起動すると元に戻る。
追記ここまで

[cate: mozilla ] [tags: Thunderbird ]

« ownCloudをコマンドで同期する foobar2000でDSD音源を再生する »

Comments