有馬総一郎のブログ

(彼氏の事情)

Thunderbird 45でおかしくなったバグに対処する

Thunderbird 45にupdateしてから、muttatorが変なエラーを吐くようになってしまった。

TypeError: array(......). flatten is not a function

調べると、Unbreak Muttator on Thunderbird 45 (var/const scoping for Config module) by jiixyj · Pull Request #485 · vimperator/vimperator-labs · GitHubで、対応はされていたみたい。

GitHub - vimperator/vimperator-labs: Vimperatorから、gitでcloneなりpullしてくる。もしくはClone or downloadをクリックしてzipでダウンロードしてくる。

で、makeできる環境なら、そのままmuttator.xpi作ってしまえばいいけど、そうでないWindows環境の場合、vimperator-labs\muttator直下にvimperator-labs\commonをコピーして、全フォルダ、ファイルを選択してzipで固める。

vimperator-labs\muttatorフォルダを選択してzipで固めると、zipの中でフォルダを作ってしまうので、あくまでmuttatorフォルダ内で行う。

そして、拡張子をxpiに変更して、thunderbirdでアドオンをファイルからインポートさせれば、完了。

で、更に Check and Sendのアドオンをインストールしていると、送信できないバグ?が起きていたので、MozillaZine.jp フォーラム • トピック - Thunderbird45.0で送信時確認のアドオンが動作しない時の対処法の通りに設定値を変更する。

設定名
dom.compartment_per_addon false

に変更する。これで前と同じようにthunderbirdが使える。

Comments