有馬総一郎のブログ

(彼氏の事情)

System76でUbuntu搭載のノートパソコン(laptop)を注文してみた その1

Ubuntuを搭載するにはどのノートパソコンが良いだろうか?と春頃から、あれこれ週刊アスキーを読んだり、ネットで調べたりしていた。

ググっても古いノートパソコンへのインストールばかり載っていて、最近のが見付からない。

そこで、日本ではちっとも流行ってないredditとかで調べると、XPS 13が良いとかあった。確かに週刊アスキーでもNew XPS 13は、クロスレビューで金賞を取っていたが、面白くない。

更にredditとで調べてると、system76をチェックしろ、とあったので調べる。すると、Ubuntu搭載のパソコン(デスクトップ、ノートパソコン、サーバー)を専門に販売しているコンピューター製造メーカーであることを知る。

System76 - Ubuntu Laptops, Desktops, and Servers

このsystem76を調べるも日本語の情報が殆ど見当たらない。たまたま、Twitterでヒットした意見では「同じ構成にするとマウスコンピューターの方が安い」という意見。

実際、見積ってみたのが以下のとおり。。

メーカー マウスコンピューター System76
モデル LB-J770X-SH2 Lemur
OS Windows 10 Home 64ビット Ubuntu 16.04 LTS (64-bit)
CPU インテル® Core™ i7-5500U プロセッサー(2コア/2.40GHz/TB時最大3.00GHz/4MBスマートキャッシュ/HT対応) 3.1 GHz i7-6500U(2.5 up to 3.1 GHz – 4 MB Cache – 2 Cores– 4 Threads)
グラフィックス インテル® HD グラフィックス 5500 Intel® HD Graphics 520
メモリ 16GB PC3-12800 (8GB×2/デュアルチャネル) 16 GB Dual-channel DDR3 at 1600 MHz (2× 8 GB)
ストレージ 【M.2規格】256GB SAMSUNG SM951 M.2 SSD (PCI Express x2接続) 256 GB NVMe PCIe M.2 SSD – Seq. Read:2150 MB/s, Write: 1200 MB/s
セカントスレージ 1TB SerialATAII 5400rpm No 2nd Drive
液晶パネル 13.3型 フルHD ノングレア (1,920x1,080 LEDバックライト) 14.1″ Matte 1080p IPS LED Backlit Display
無線 インテル® Dual Band Wireless-AC 7265 (IEEE802.11ac/a/b/g/n 最大867Mbps対応) + Bluetooth® V4.0 + LE 準拠モジュール (M.2) WiFi up to 867 Mbps + Bluetooth
拡張 USB2.0(右側面×2)、 USB3.0(左側面×1) マルチカードリーダー(右側面×1) 2× USB 3.0, 1× USB 2.0
SD Card Reader
バッテリー 駆動時間 約5.6時間 4.5 hours
Removable 4 Cell Smart Li-Ion – 44 Wh
重量 約1.4kg 3.6 lbs. (1.6 kg.)
保証期間 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート 1 Year Limited Parts and Labor Warranty
価格 商品小計 ¥123,600(税別)
送料/手数料 ¥3,000(税別)
消費税 (8%)¥10,128
合計 ¥ 136,728 (税込)
Sub-Total: $1,173.00
Shipping: $128.05
Taxes: $0.00(→6,000円)1
Total: $1,301.05(→151,642円)2

LB-J770X-SH2は、SSDと無線は、元のパーツである"240GB Serial ATAIII"、"IEEE 802.11ac/a/b/g/n ・ Bluetooth® V4.2 + LE 準拠モジュール"からそれぞれアップグレードさせている。しかし、それでもやはり安い。

Ubuntuをメインマシーンとして考えると、Windows OSを仮想環境として持っておきたい。そういう意味では、デュアルストレージでかつ、Windows 10が付いているので、マウスコンピューターはお得度が高い。また、個人的にはLemurはキーボードがUSなのがちょっと引っ掛かった。

とはいえ、Windows搭載ノートパソコンにUbuntuをインストールする手間が面倒だ。だが、それが良い!というのも分からなくもない。今までAcer C720 Chromebook、HP EliteBook 820 G1とかにUbuntuをインストールして遊んできた。しかし、無線ドライバー、カーネルのバージョンを気にしたり、高速ブートを無効したり、ブートオプションを設定したりと、面倒臭い。特に調子が悪くなったとき。

System76は、何よりUbuntuを専門に製造、販売しているという心意気が良い。Ubuntu Magazine Japanの休刊を悲しむ私としては、こうした会社は応援していきたい!!!

で、結局、注文してみた。(次回に続く)


  1. 税関で6,000円取られた(配達の際に代引として徴収)

  2. 税関で6,000円取られた(配達の際に代引として徴収)

Comments