有馬総一郎のブログ

(彼氏の事情)

2021年06月06日 01:42:50 JST - 3 minute read - Comments - Google

個人用GoogleアカウントをGoogle Workspace管理者アカウントとする その2(ムームーメールからGmailに)

前回の続き。個人用GoogleアカウントをGoogle Workspace管理者アカウントにできたら、次は、個人的に気になっていたメールサービス移行だ。

メールサービスの移行

前は、ムームードメインでドメイン管理をしていて、ムームーメールも利用していたので、そのドメインでGoogle Workspace Businessに加入してしまったら( 1. の時点で)、メールが届かなくなったりしてしまうのではないか?と心配したが、そんな事はない。

そして、ドメイン管理しているサービスでDNSの設定を変えない限りは、@mailaddress.biz宛のメールは、既存のメールサーバー(ムームーメール)に届き続ける。だから、もしそれまでのメールサービスを使い続けたいという奇特な方がいれば、それは可能となる。

話は前後するが、そもそもGoogle Workspace Businessを始めるにあたっては、そのドメイン所有権証明のために、TXTレコードを登録する必要がある。そして、それはドメイン管理しているサービスの元で行う.

TXT レコードの値 - Google Workspace 管理者 ヘルプ

そして、@mailaddress.biz宛のメールを既存のメールサーバー(ムームーメール)から、Gmailに届くようにするには、同じようにドメイン管理しているサービスの元でDNSレコードを登録することでなされる。

Google Workspace の MX レコードの値 - Google Workspace 管理者 ヘルプ

私の場合、まだムームーメールの利用期間だったためにムームーメール用のMXレコードが削除できなかったので、優先度を変えることで対応した。

ムームーDNS

ムームーDNSは以下のようになった。

種別 内容 優先度
MX mx01.muumuu-mail.com1 50
MX ASPMX.L.GOOGLE.COM 1
MX ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM 5
MX ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM 5
MX ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM 10
MX ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM 10
TXT google-site-verification=rXOxyZounnZasA8Z7oaD3c14JdjS9aKSWvsR1EbUSIQ2
TXT v=spf1 include:_spf.google.com ~all

値がv=spf1 include:_spf.google.com ~allとなっているのは、何のレコードだっけな?と思ったら、メール配信となりすまし防止のためのものだった。

メールクライアントの設定

メールクライアントの設定は、ムームーメールの時は以下だったが、Gmailではこうなる。無料Googleアカウントと同じなんだね。

設定項目 ムームーメール Gmail(Google Workspace)
メールアドレス user@mailaddress.biz user@mailaddress.biz
メールアカウント user@mailaddress.biz user@mailaddress.biz
POPサーバー pop3.muumuu-mail.com pop.gmail.com
IMAPサーバー imap4.muumuu-mail.com imap.gmail.com
SMTPサーバー smtp.muumuu-mail.com smtp.gmail.com

メールメッセージの移行

まあ、これはもっとスマートのやり方があるんだろうけど、Thunderbirdでムームーメール取得のアカウントと、Gmailのアカウントをそれぞれ作成して、フォルダツリー上で、D&Dでコピーしただけ。

でもそれだと、送信時刻はちゃんとコピーされるけど、受信時刻がコピーした日付に更新されてしまって、ムームーメール時代のメールの順番が狂ってしまったな。だからThunderbirdみたいに送信日付でソートできるメーラーを使っている場合は、問題ないけど、Gmail上だと困ったことになる。それが嫌という方は、別の方法でメッセージを移行した方が良い。

そして、14日のBusiness Standardの試用期間が終わり、元から選択するつもりだったBusiness Starterの試用に移行した。まあ期間が2日だったので、すぐ支払い方法を登録して、今こうして特に問題なく使えている。


  1. これがムームーメールのためのMXレコード。優先度をGmail設定のものより大きくする。 ↩︎

  2. これはあくまで例 ↩︎

Tags: Google

個人用GoogleアカウントをGoogle Workspace管理者アカウントとする その1(競合アカウントを解消する)

comments powered by Disqus