有馬総一郎のブログ

(彼氏の事情)

WF-SP900はPLAY MODEで使ってくのが吉

WF-SP900を買ったので、それについての感想を、今更ながら書く。使って2ヶ月ぐらい。

買うのに適してると思われる人は以下の人である。それ以外の人はSONY信者とかオーディオ・ガジェット愛好家でないかぎりはコスパも良くないし止めたほういいと思われる。

  • スマホで音楽聴いてる人
  • ジム、お風呂で音楽を聴きたい人

つまるところ、有線から無線になるだけで、音を犠牲や再生の短さのデリットを上回るメリットを感じれるか?ということ。

NW-ZX100ような再生端末を使って聴いてる場合、結局、曲の操作を行なうので、鞄、リュックに入れっぱなしというわけにもいないので、メリットはせいぜい線がないということぐらいだ。

私はプレイリストを使って曲を流しているので、滅多に曲操作をしないけど、今流している曲情報とか確認したいとき、再生端末ですぐ確認できないのはちと不便。かといってプレイヤーを首からぶら下げたり、ポケットに入れてると、果たして、無線というだけでそんなに便利なのか?私はそれよりも、再生時間の短さ(2時間)や音質の劣化の方が気になった。

しかもペアリングをNFCで行なう場合、イヤホンではなくケースを使ってなので、ケースを取り出す必要がある。ケースはつるつるしてるので、取り出したとき何度か落としたりした。

結局、自分はジム、風呂、サウナなどで使っている。耳に付けたまま水・お湯をかけたりはしないけれども、現在故障することなく聴けてる。

また、PLAY MODEで聴けば再生端末を持ち歩く必要がなくなるので、ライブに行くときや軽装で出掛けたにはピッタリ。しかも再生時間も4時間と長くなる。また、Music Center (SongPal)1を使えばフォルダ、アルバム、プレイリスト、アーティストといった選択から任意の曲を再生できる。

ということで自分は、PLAY MODEでもっぱら使ってる。音質に関してはやはり、PLAY MODEであっても、有線のJVC HA-FX1100には負けてると個人としては感じる。また、Pasonomi X9といったBluetoothイヤホンが(充電しながら)72時間という再生時間を誇るなか、WF-SP900のメリットはPLAY MODEかなぁという気がする。


  1. ガラホのMARVERA KYF35でも動作可能。ちなみにSpotifyもばっちり動く。

Comments