有馬総一郎のブログ

(彼氏の事情)

2021年10月07日 18:56:08 JST - 2 minute read - Comments - Linux

google-drive-ocamlfuseを使ったら、`Input/output error (os error 5).`とエラーが出る

Google Driveのクライアントアプリとして vitalif/grive2: Google Drive client with support for new Drive REST API and partial syncを使っていたが、やはり astrada/google-drive-ocamlfuse: FUSE filesystem over Google Driveを使いたくなったので乗り換えた。

Arch Linux系ディストリビューションだと、 yayparugoogle-drive-ocamlfuseインストールを試すも失敗する。

ここ→ Manjaro (Arch) でもGoogle Drive File Streamを使いたい話 - Qiitaを参照してOpam4.09環境でビルド、インストールする。

バージョンを切り替えた関係でexport PATH="$PATH":"/home/$(whoami)/.opam/default/bin"ではなく、export PATH="$PATH":"/home/$(whoami)/.opam/ocaml-4.09.0/bin/"と通すパスを変更する必要があった。

で実行して、ファイルマネージャーthunarで見ようとするとInput/output error (os error 5).というエラーが表示されてGoogleDrive配下が見れない…

なので、一度rm -r ~/.gdfuse/default/と設定情報を削除して、再度google-drive-ocamlfuse ~/GoogleDriveすると

fuse: mountpoint is not empty
fuse: if you are sure this is safe, use the 'nonempty' mount option

というエラーが出た。前回実行したのをアンマウントせずにしたせいかと思い。fusermount -u ~/GoogleDriveしてアンマウントしてから、google-drive-ocamlfuse ~/GoogleDriveすると今度は成功。

しかし、やはり

$ ls ~/GoogleDrive
lsd: /home/arimasou16/GoogleDrive/変なショートカット: Input/output error (os error 5).

とエラーが。しかし、他のファイルやディレクトリは見えるので、このエラーとなっているファイルが原因ではないかと思いブラウザ上からGoogleDriveを確認する。

見ると、アクセス権限のリクエストが必要な変なショートカットが出来ていたので、削除した。恐らくファイルマネージャーを操作してたときに、意図せずショートカットキーを作ってしまっていたのだろう。

Google Drive

ともあれ、これで解決されファイルマネージャーthunarで表示できるようになった。めでたしめでたし。

Tags: Ubuntu Desktop Alter Linux Arch Linux

楽天ひかりに乗り換える その2(IPoEとPPPoEを併用)

comments powered by Disqus