有馬総一郎のブログ

(彼氏の事情)

2021年09月04日 20:48:58 JST - 3 minute read - Comments - Linux

Alter Linuxでロック画面からの復帰の修正や、時間経過によって画面が消灯するのを防ぐ

Alter Linuxで使い始めて、ロック画面から復帰しようと一度ログインするも、再度ロック画面が表示されてる。これは、Xfce版にしろ、i3wm版にしろデスクトップ環境違えど同じ。またインストールした端末がLemurにしろ、AeroBookにしろ同じ。

ロック画面

気になりながらも、放置していたが、 ロック画面からの復帰挙動が不安定な場合がある · Issue #266 · FascodeNet/alterlinux · GitHubと、issueに挙げられており、sudo systemclt disable tlpが解決策となる。電源管理のTLPを無効化する1

それとパソコンを放置していると、画面が真っ暗になる。

/etc/systemd/logind.conf

IdleAction=ignore

をしていても。

パソコンの電源管理の処理というよりは、 X Window Systemの画面を消灯するにはに見られるように、単に画面が消灯しているだけらしい。

Display Power Management Signaling - ArchWikiにあるとおり、xset s off -dpmsを実行することで

実行前

$  xset q
Keyboard Control:
  auto repeat:  on    key click percent:  0    LED mask:  00000000
  XKB indicators:
    00: Caps Lock:   off    01: Num Lock:    off    02: Scroll Lock: off
    03: Compose:     off    04: Kana:        off    05: Sleep:       off
    06: Suspend:     off    07: Mute:        off    08: Misc:        off
    09: Mail:        off    10: Charging:    off    11: Shift Lock:  off
    12: Group 2:     off    13: Mouse Keys:  off
  auto repeat delay:  660    repeat rate:  25
  auto repeating keys:  00ffffffdffffbbf
                        fadfffefffedffff
                        9fffffffffffffff
                        fff7ffffffffffff
  bell percent:  50    bell pitch:  400    bell duration:  100
Pointer Control:
  acceleration:  2/1    threshold:  4
Screen Saver:
  prefer blanking:  yes    allow exposures:  yes
  timeout:  600    cycle:  600
Colors:
  default colormap:  0x22    BlackPixel:  0x0    WhitePixel:  0xffffff
Font Path:
  built-ins
DPMS (Energy Star):
  Standby: 600    Suspend: 600    Off: 600
  DPMS is Enabled
  Monitor is On

実行後

$ xset s off -dpms
$ xset q
Keyboard Control:
  auto repeat:  on    key click percent:  0    LED mask:  00000000
  XKB indicators:
    00: Caps Lock:   off    01: Num Lock:    off    02: Scroll Lock: off
    03: Compose:     off    04: Kana:        off    05: Sleep:       off
    06: Suspend:     off    07: Mute:        off    08: Misc:        off
    09: Mail:        off    10: Charging:    off    11: Shift Lock:  off
    12: Group 2:     off    13: Mouse Keys:  off
  auto repeat delay:  660    repeat rate:  25
  auto repeating keys:  00ffffffdffffbbf
                        fadfffefffedffff
                        9fffffffffffffff
                        fff7ffffffffffff
  bell percent:  50    bell pitch:  400    bell duration:  100
Pointer Control:
  acceleration:  2/1    threshold:  4
Screen Saver:
  prefer blanking:  yes    allow exposures:  yes
  timeout:  0    cycle:  600
Colors:
  default colormap:  0x22    BlackPixel:  0x0    WhitePixel:  0xffffff
Font Path:
  built-ins
DPMS (Energy Star):
  Standby: 600    Suspend: 600    Off: 600
  DPMS is Disabled

となり、 timeout: 0 cycle: 600となって、DPMS is Disabledとなった。

ただ、上記のコマンドだとログアウトや再起動後には元に戻ってしまう。なので/etc/X11/xorg.conf.d/配下に 10-monitor.conf というファイルを作り、以下のように記述する。

/etc/X11/xorg.conf.d/10-monitor.conf

Section "Monitor"
    Identifier "eDP1"
    Option "DPMS" "false"
EndSection

Section "ServerFlags"
    Option "StandbyTime" "10"
    Option "SuspendTime" "10"
    Option "OffTime" "10"
    Option "BlankTime" "0"
EndSection

これでxset s off -dpmsと同じ効果になる らしい 。いくつか見た例だとStandbyTimeSuspendTimeOffTimeも0にしてた。単位は秒でなく分。本当は、全部0にするのが良いかも知れない。

らしい と書いたのはxset qで確認すると

  DPMS is Enabled
  Monitor is On

はそのままだったからだ。

Section "Extensions"
    Option      "DPMS" "Disable"
EndSection

を追記してみたが、今度は

DPMS (Energy Star):
  Server does not have the DPMS Extension

表示される。んん?元から実はDPMS機能はこの端末じゃあ有効化されてなかったということ?

どちらにせよ、時間経過によって画面が消灯することはなくなった。


  1. tlp有効化したいときどうするの?って問題はあるが、自分は持ち歩かないPCなので影響なし。 ↩︎