有馬総一郎のブログ

(彼氏の事情)

2010年05月30日 06:36:00 JST - 1 minute read - Comments - Audio Player

気がつけばsample rateが48kHzに・・・

DVDからMP3に変換する際の注意というわけでもないが、AC3を再生・変換する場合、 foo_ac3.dllが必要になる。また、それが2chであれば特に問題はないが、6ch(5.1ch)だとmp3は未対応なのでstereoにミックスダウンする。コンバート変換時にprocessingタブを開き、DSPチェックボックスにチェックし、Convert 5.1 to stereoを選択して、<=ボタンを押下

有馬総一郎のブログ

有馬総一郎のブログ

コンバートの設定>processing>DSP

また、DVDの音声は48kHzなので、44.1kHzにリサンプルしたい場合はResamplerも選択。これでできたmp3ファイルはstereoの44.1kHzになる。1

有馬総一郎のブログ


  1. 追記: 2010/05/30
    32000 Hzだと22050 Hzになる。おとなしく?--resample 44.1コマンドオプションを追記しろと・・・
    Fate/Zero -ラジオマテリアル- のリスナーは注意。また、Windowsエクスプローラーのプロパティで確認すると、サウンドカードが対応していないサンプリングレートの場合、ほかの周波数のソースであっても空白だったり、別サンプリングレートで出力されるらしいので注意
    追記ここまで ↩︎

Tags: foobar2000

ユニコード未対応なAMIPなんて要らねー foobar2000の便利な小技。曲情報編集、ファイルの移動、リネームなどに

comments powered by Disqus