有馬総一郎のブログ

(彼氏の事情)

フォントを綺麗にしようと思ってあれこれ・・・綺麗にならなかったり、除外できなかったり、

最近、これ以上どこまで落ちるんだってぐらい、目が悪くなってる。それにともなって、パソコンで字を見るのが辛くなってる。少しでも見やすくしたいので、フォントを変えてみたり、フォントレンダラ gdippをインストールしてみたりした。

あれこれ、試行錯誤があった。まず、よくサイトで見かける「MSゴシックやらは汚い」という意見をそのまま受けて、フォントだけ入れ替えても無駄である。所感では、Windowsのフォントレンダラそのまま使っている限りは、MSゴシック・明朝、メイリオが一番見やすいと思う。初めは、自分の目や感覚がおかしいのかと思ったが、そうではない。

gdi++.dll、gdipp、mactypeといったソフトでフォント描画させない限りは、Windowsの標準フォントレンダラでは、他のフォントを持ってきても、本来の美しさは発揮されない。

私の中では、64ビットにも対応している、(不具合があった場合)プロセスごとに除外できる gdippしか試していないが、これを導入するだけでMSゴシックが随分、綺麗に見える。

(画像貼ってみたが、小さくて参考にならんね・・・)
MSゴシック gdipp無効


Takaoゴシック gdipp無効


Ricty  gdipp無効


MSゴシック gdipp有効


Takaoゴシック gdipp有効


Ricty gdipp有効

プロセスごとに除外できるという機能をかって、 gdippを選択したのに、その除外機能(gdipp_setting.xml編集)がうまく働かない。

なんでかと思って、メモ帳で開くと摩訶不思議現象が・・・サクラエディタで追加し、保存したタグが、追加されていない。これはWindows 8の特有現象なのか?たしかにProgram Files (x86)配下のファイルを編集しても、とくにUACが働かないので変だなと思っていたのだが…


追記: 2013-07-12
VISTAから、 VirtualStore機能というのがあって、

C:\Users\ユーザ\AppData\Local\VirtualStore\

アプリケーションによっては、上記、仮想フォルダを参照するようになってしまっていた。 この場合は、C:\Users\ユーザ\AppData\Local\VirtualStore\Program Files (x86)\gdipp\gdipp_setting.xmlを参照していた。1
追記ここまで



排他制御しないでsakuraで開いて保存して、開きなおした場合


メモ帳で開いた場合

そこで、My Documents配下に持ってきて、編集を施し、それをコピー上書き(この場合は、UACが働き、確認ダイアログが出る)。そうするとメモ帳でも同じ内容が表示される。そして、Evernoteを終了し、 gdippサービスを再起動させてから、Evernoteを表示すると、ちゃんと除外されて表示されるようになった。めでたし、めでたし。

ちなみに gdipp_x64_0.7.6だとputtyが上手く動かなかったが、 gdipp_x64_0.9.1にしたら動いた。あと、Gimpが文字化けるという話だが、portableだからか、バージョンによるものか(検証してなくてごめんなさい)、自環境では文字化けはしない。

[cate: フォント ] [tags: フォント ]

« Subsonic、ファイルダウンロードをUTF-8で Album Artistタグの扱いは慎重に »

Comments